流産手術前日の夜

そして2度目の流産は、稽留流産だったため、流産手術に。

手術日前日は、夜から絶飲絶食で、何がつらいって7月の後半の真夏日だったので、喉が渇いて渇いて…。

初めての手術が不安で、緊張してるので、余計に喉が渇く。

ちょっと前まで妊娠してうれしいな~って喜んでたのに、いきなり流産手術のどん底に陥る状況に気持ちもついていけない…。

あまりよく寝れなかった。

 

流産手術当日

当日の朝に病院に行き、昼頃から手術。というスケジュール。

激痛という噂のラミナリアを使うのかとびくびくしてたけど、7週とごく初期だったからなのかそこの病院の方針なのか、ラミナリアは使用しなかった。

そして、手術室に連れていかれ…。

腕には点滴と心拍を測る機械、そして足を拘束されるような台に乗る、緊張MAX!!

心拍数が早いから、落ち着いてね~と看護師さんに諭される…がそんなの無理ですよー(^q^)

 

そして、先生がきて、全身麻酔の注射しますね~と看護師さんに言われたのが最後、

目の前が強制的に真っ暗になって…

起きたら、手術は終わっていたようで先生はいない。

 

終わったのか終わってないのかわからなくて、もう終わったんですか?今からですか?と聞いたら、もう終わりましたよ~って。

 

手には少し血がついていて、なんで?って看護師さんに聞いたら、それあなた無意識に手術するとき手術してるとこ触っちゃうから…って、言われた。恐すぎ…。無意識に暴れていたのだろうか?^^;

 

起き上がってね~と言われて起き上がろうとしても麻酔で気持ち悪くて、頭がガンガンして動けない。ちょっと起きたとき、気持ち悪くて、吐き気が急にしてきて、吐いてしまった。さっと看護師さんが皿みたいなのを出す。

その後、ベッドに移動して、生理痛のようなお腹の痛みでぐったり。

手術の痛みではなくて、子宮が収縮する痛みらしい。

 

その後、夫が迎えにきたが、まだ頭がぼーっとしていて、会話が成立していたのかしていなかったのか…。

 

そして帰りに子宮収縮剤を渡され、日帰りで家に帰り、

その薬を飲んで2,3日寝てるのだが、それを飲むともう激痛で…

 

f:id:nyanndanana:20150222221445j:plain

ちょっと動くと激痛がくるので、もう身動きができない(^q^)

でも中身をきれいに出すにはその薬を飲まないといけないらしい。

 

もう痛いわ苦しいわ、いきなりの絶望と理不尽さ。

これは経験しないと分からないけど、流産は、もう痛いわ苦しいわ、いきなりの絶望と、何で期待をもって妊娠生活を送っている人が大半な中、何度もこんな目にあうのか、という理不尽さで、肉体のつらさと心の傷で精神的に病みます…。

 

まさにこの世の地獄です。

 

★ランキング参加中です。クリックで応援してもらえたら励みになります!★

↓↓↓↓↓

ブログ村ランキングへ

日本ブログ村ランキング→
人気ブログランキング→