XPサポート終了の件で、最近Windows7やWindows8に乗り換えた方は多いでしょう。
でも、今までXPで使っていたソフトが使えなくなり、困っている方も多いはず。
そこで、表題の件をいくつか紹介します。

■互換モードを使う
ソフトのexeファイル等を右クリック、プロパティをクリックすると、互換性というタブがあります。
そこで、以前のバージョンのWindowsを指定できますので、まずはこれを試してください。
うまくいけばそのまま使用可能です。

■仮想環境を使う
パソコンの中でパソコンを動かす方法です。
※この方法では、別途OSが必要になります。
※Windows7 Professional、Ultimate以上のエディションには、WindowsXP(XPモード)のダウンロード権がついてきます。

そういったことができるソフトの例としては、
VirtualPC、VMware Player、Hyper-Vなどが挙げられます。
いずれも無料で使えるソフトです。
(VirtualPC、Hyper-VはMicrosoft製です)

特にお勧めしたいのは、VMware Playerです。
XP以上の場合は、DirectXのハードウェアアクセラレーションに対応していますので、3Dゲームだってできてしまいます。

WindowsXPに限らず、ディスクさえあればMS-DOS、Windows95、98SE、2000、Linux等も仮想環境にインストールし、使用することができます。
MacOSもひと工夫すれば使えたり。

以上です。