「原発コスト安」は嘘だった


-国民への8.3兆円負担転嫁ではなく、原発政策の転換を


福島第一原発の廃炉費用などのために新たに8.3兆円を国民に負担させる形で政府が調整に入ったとの報道が、新電力・消費者に衝撃を与えました。


9月16日の報道によれば、内訳は廃炉費用4兆円、賠償費用3兆円、さらに福島第一以外の原発の廃炉費用として1.3兆円というものです。


事故の責任があいまいなまま、また原子力政策の見直しを伴わない国民への負担転嫁は、新電力事業者や国民を説得できるものではありません。


福島第一原発事故の賠償・被害最小化を最優先として、東京電力の責任を明らかにし、莫大な費用がかかることが明白となった原子力発電については、これまで利益を得てきた事業者が責任を持って安全な廃炉に向けた対策を取るべきです。


経済合理性を欠く原発を、維持を前提として国民負担で支えることは、電力自由化の理念にも反し受け入れられるものではありません。


パワーシフト・キャンペーンは、福島第一原発事故の廃炉・賠償については東京電力の責任で、また今後の廃炉費用をめぐっては、政策転換の議論を行うことを強く要請します。


1.事故の責任があいまいなままに、国民負担は許されない


東京電力福島第一原発事故については、東京電力に一義的な責任があるとされながらも、原子力損害賠償支援機構を通じて他の電力会社と政府が賠償費用を支援しています。


東京電力が責任を取っているとは言えない一方で、東京電力の2015年度の営業利益は3400億円を超えています。


一民間企業の起こした甚大事故について、企業を事実上「救済」しながら国民負担を求めることについて、倫理的にも経済的にも、理解を得られるものではありません。


2.「原発の事故費用・廃炉費用は莫大」明らかに-政策変更なき国民負担は許されない


2014年の「エネルギー基本計画」をはじめ、各電源のコスト検証において、原子力については、事故処理・賠償費用を勘案してもなお、「コストが低廉な電源」と位置づけられてきました。


しかし今回、東京電力福島第一原発事故の廃炉・賠償費用は東京電力だけでは負担できないこと、また他の原発の廃炉費用も、原発を保有する電力会社では支払いきれないことが公にされたと言えます。


そうであれば、まずは新規原発の建設可能性について撤回し、また既存の原発の廃炉も早急に検討する方向で、具体的に政策転換を行うべきです。


原発のリスク、費用、事故被害の大きさについての国民的議論なしに、国民負担に転嫁することは、電力自由化の趣旨にも反しています。


原発の費用負担と、原発電気の卸電力市場での取引や「非化石電源」としての扱いなど、市民・消費者に受け入れがたい政策に反対し、9月20日に新たに設置された「東京電力改革・1F問題委員会(東電委員会)」および「電力システム改革貫徹のための政策小委員会」を注視していきます。


power-shift.org/info/160921/



【記録】2011年3月14日11時1分。


臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより)。


この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった。 


https://youtu.be/0S15pZvEOFk


【必見動画】


放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7新宿アルタ前デモ 2015年11月7日(土)(録画)


twitcasting.tv/7l2cnc/movie/214443259 (動画)


【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】


映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください。


無料で見られます。


一億人が見たら変わります。


一人でも多くつないでください。


https://www.youtube.com/watch?v=Vhb5pCXMkxU&list=PLjF4tckxD_cLpvJ6Y-kobaOGC4MeMUgG_


https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity


 福島.jpg